体を忘れる

よく、やるのだが
私は壁によくぶつかる。
つい先日も、事務所の壁に脚を強打した。
頭の中では通っているのに

体が余っているので、まあよくぶつかる。
まだ高校生のころ、トイレから出てきたつもりの私は、顔を残してドアを閉め、顔を挟めた。
いやはや、可愛らしい思い出である。
皆も身体をお忘れなきよう。

20140805

こうなるよ

アキ

Category: スタッフ日記│Tag: