No.6「着工&打合せ編」- 理想と現実に悩む日々

着工&打合せ編~理想と現実に悩む日々

お気づきの方もいらっしゃるかと思うのですが、この日記はタイムラグがあります。
実際に着工始めたのが昨年H27年7月で先月H28年2月に無事に完成し引越ししました。
日記はその時のことを思い出し、書き溜めていたものを少しずつ公開しております。
季節感等おかしなところがありますがご容赦ください。
暦の上では春ですが、当時は真夏とても暑い日が続いておりました。
では本文をどうぞ。

いよいよ着工です。

6-1

建物の工事にかかる前に、建物の位置などを決める「遣方(やりかた)」に行った先生から電話が鳴った。

緊急の話かと思ったら。
「施主さんジュース買って来て!」って電話だった。

これからも喉が渇くたびに呼ばれるのだろうか?・・・。
もちろん身内だから呼ばれるわけで、皆さんはご安心ください。

暑い中、基礎工事に取り掛かる。
基礎屋さん日陰もなしに働いていて申し訳ねぇと思う。

6-2

6-3

プランニングが終わって、建具、床、外壁等を決める第一回目の打ち合わせを行った。

「木の玄関がいい」と気軽に木製の玄関を探すも、とてもお高い。
なんと180万するんですよ。
車買えますよ奥さん。
で、あきらめる。

6-6

ゴロゴロと過ごしたい私と、ソファーに腰掛けたい旦那。
さらに勾配天井高い天井、素敵なアイランドキッチン。
全ての目線が高い空間でリビングでどのようにゴロゴロすればいいのか?
皆目見当がつかない。
決める事が多すぎて頭を悩ませる。

さらに、配線図が隣の家の分はできているのに私の家のはない、何故か?
担当者が「どうせ作ったところで、亜希さんにはこだわりがあるから作ってないです。」
書いてくれよ~書いてから、意見言わしてくれ。

自分でもパースを描いてみる。
描いて佐和子さんに見せるまでまったく気づかなかったが、なぜかキッチンが50㎝位しかない。
新しいキッチンの提案正座して料理を作る!斬新
笑われる前に書き直した。

6-4

いざ打合せが始まり、私の知識のなさに旦那に「15年間何してきたの?」と、皮肉を言われる・・・。
自分の仕事は主にプランをしたものを図面にを起こして確認申請を出して役所と戦う等。
どうもすみませんねぇ(ふんっ)。

6-5

第二回目の打合せを行った。

外壁は黒か白か?
白い漆喰に住みたい私(高いので漆喰は無理)黒い鉄板に住みたい旦那。
真逆の二人。

旦那と担当の意見が一致「2対1で黒っすね」って担当に言われた。

お前は身内じゃないだろう!
なんなら2人で住めばいいじゃんよ(怒)

まさか自分が黒い外壁の家に住むなんて!

打ち合わせは正直疲れる。
担当と旦那の板挟み、いや業者の立場と施主の立場のサンドッチの具になった感じが何ともやるせない。

結婚式の準備はあんなに楽しかったのに、家づくりはこんなに辛いものなのか?・・・いや楽しい人もいっぱいいると思うけど。

アキの一言
「打合せ開始で私の身はサンドイッチ状態」
Category: 自分の家を建てる│Tag: ,